ピリス&メネセス デュオ・リサイタル2015に行ってきました

クラシックのコンサートに行ってきました。とてもよい時間を過ごしたので久しぶりにブログに投稿します。

ピリス&メネセス デュオ・リサイタル2015
2015年11月4日19時開演
札幌コンサートホールKitara大ホール

マリア・ジョアン・ピリス(ピレシュ)は僕の好きなピアニストのひとりで、モーツァルトのソナタ全集などを愛聴しています。昨年、一昨年と続けて来札していたそうですが、今回が僕にとってはじめて演奏を聴く機会となりました。曲目はポスターの内容から一部変更になり:

  • ベートーヴェン チェロ・ソナタ第2番
  • ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第32番
  • (休憩)
  • バッハ 無伴奏チェロ組曲第2番
  • ベートーヴェン チェロ・ソナタ第3番
  • (アンコール)ショパン チェロ・ソナタより第3楽章 Largo

ピレシュもメネセスも重厚な音楽を奏でるタイプではありません。コンサートホールキタラの大ホールでの演奏でしたが、上品な響きが会場を包み込みました。演奏を聴いていた僕の印象をなかなかことばに表すことができずにずっと悩んでいます。重厚ではないけど軽いわけでもなく、ねっとりとは真逆だけど枯れた味わいというわけでもなく。「もったいぶる」のちょうど反対、聴いていて「えっ、もう次に行っちゃうの?」とちょっと名残惜しさを感じるようなテンポで演奏は進んでいきました。

個人的に一番楽しみにしていたのはピアノ・ソナタ第32番。堪能しました。演奏について具体的に感想を述べるほどコンサートに出かけていないので控えますが、有名な第2楽章が、主題とその変奏なんだということを実感できたし、なにより聴いていてとても気持ちよかったです。

チェロのメネセスも、ベートーヴェンの2番やバッハではさらっとした演奏をするなぁという印象でしたが、ベートーヴェンの3番では朗々と旋律を奏でていたし、全体的にやわらかな音づくりでしたが僕の好みに合いました。

アンコールのショパンはとても久しぶりに聴きましたが、ピレシュのピアノはこういう曲にピッタリだなぁと思っているところで演奏会は終了。いい時間を過ごすことができました。

僕は1階の前から6番目の席。ピレシュの背中越しに指づかいをじっくり見ることができました。3階席とステージの反対側(オルガンのある方)は開放していなかったようですが、それ以外にも空席があったのはちょっと残念。こんな素敵な演奏を聴く機会なのにもったいない。

小柄なピレシュは1944年生まれ。僕が70歳を過ぎた時にも、ひとたび舞台に上がれば彼女のようにぴんと背筋を伸ばして歩きたいなと思いました。舞台に上がることはないだろうけど。

ピレシュのリサイタルはもうしばらく全国で続くようです。タイミングの合う方はぜひ。おすすめです。

One thought on “ピリス&メネセス デュオ・リサイタル2015に行ってきました

Comments are closed.