新著紹介(TBLT)

大修館書店より間もなく共著書が出ます。名城大学の松村昌紀さん(『英語教育58の鍵』や『タスクを活用した英語授業のデザイン』を書いた、僕の尊敬する英語教育研究者)が中心になって5名で書いたタスク・ベースの言語指導(task-based language teaching: TBLT)に関する一冊です。

『タスク・ベースの英語指導:TBLTの理解と実践』(Amazon.co.jp

TBLTについては僕もあちこちで話をしてきましたが、本書はその理論的背景を解説し、小中高大それぞれの教育現場においてTBLTがどのような形で実現可能か、具体例を交えて紹介した一冊です。「タスク」を単なる活動の一種としてとらえるのではなく、シラバスやカリキュラムという大きな視野にたって授業の作り方を考えることを提案していますし、ある意味発想の転換をうながすことを目的としてもいます。

僕自身はほんの一部(第8章)を執筆したのみですが、全体を通してTBLTの理念が丁寧に語られているので、今までTBLTの理論に触れてこなかった方にもぜひ手に取っていただきたいと思っています。

詳しくは実際に読んでいただくのが一番ですが、本書の、いやTBLTの特徴は、帯にもある「教室外でも機能する英語使用者を育てるために」ということばによくあらわれています。「実用」とか「使える英語」と聞くとなんとなく薄っぺらいものを想像してしまうことも多いですが、本書の著者はみな「使える英語」がどのようなものなのかを真剣に考え、それを文章にしました。

奥付を見ると発行日は7月10日となっていますが、6月末には書店に並ぶようです。24日・25日に信州大学教育学部(長野市)で開催される中部地区英語教育学会の年次大会には著者全員が参加しますので、そこで直接話を聞いて、できればそのまま大修館のブースに行って注文してくれると嬉しいです。

この本については色々思うことがありますが、それについては別の機会に譲るとして、まずは出版のおしらせと宣伝をさせていただきました。