JASELE2019

This page is for the presentation by Ken Urano at the 45th Annual Convention of the Japan Society of English Language Education (JASELE 2019), held on August 17–18 at Hirosaki University, titled:

Japanese learners’ reliance on specificity when using the English articles: A forced-choice gap-filling study

Abstract:

Mastering the article system in a second language is challenging, especially when the learner’s first language does not have articles. Previous studies (e.g., Ionin, Ko, & Wexler, 2004) have demonstrated that speakers of article-less languages often fail to use the English articles correctly because they wrongly rely on specificity, rather than definiteness. The present study has attempted to examine (a) whether or not Japanese learners of English can use definiteness when choosing the English article, and (b) to what extent they are influenced by specificity. Fourteen adult Japanese learners of English were recruited to perform a forced-choice gap-filling task, in which they were asked to read dialogs in English and choose either the indefinite or definite article for target noun phrases. Four conditions were created, namely, DS [+definite, +specific], DN [+definite, –specific], IS [–definite, +specific], and IN [–definite, –specific], and eight dialogs were presented for each condition (taken from Ionin, Ko, & Wexler, 2004). Mean choices and standard deviations of the indefinite article were 2.00 (2.22), 3.14 (2.38), 4.43 (2.44), and 6.14 (1.61), respectively. The overall results indicate that the Japanese learners of English can use definiteness when choosing the English article, though not perfectly. At the same time, they are slightly influenced by specificity, even though it is not encoded in the English article system. A closer look at the individual data has revealed that eight of the 14 participants were influenced by specificity at least to some extent. These results will be discussed in comparison with relevant previous studies.

Presentation Slides [PDF]

FLEAT VII / LET2019

このページは、FLEAT VII (LET2019) @早稲田大学のワークショップ「外国語教育(研究)における量的データの視覚化と解釈」(2019/08/06)に関する資料の保管・公開場所です。

投影資料

投影資料(5.9MB)

ダウンロード

参考文献

  • Cohen, J. (1988). Statistical power analysis for the behavioral sciences (2nd ed.). Hillsdale, NJ: Lawrence Earlbaum Associates.
  • 南風原朝和. (2002). 『心理統計学の基礎: 統合的理解のために』東京: 有斐閣.
  • 前田啓朗・山森光陽 (編). (2004). 『英語教師のための教育データ分析入門: 授業が変わるテスト・評価・研究』東京: 大修館書店.
  • 水本篤・竹内理. (2008). 「研究論文における効果量の報告のために: 基礎的概念と注意点」『英語教育研究』第31号, 57–66. http://www.mizumot.com/files/EffectSize_KELES31.pdf
  • Navarro, D. J., & Foxcroft, D. R. (2019). Learning statistics with jamovi: A tutorial for psychology students and other beginners. (Version 0.70). doi: 10.24384/hgc3-7p15
    (芝田征司訳. jamoviで学ぶ心理統計. https://bookdown.org/sbtseiji/lswjamoviJ/
  • 大久保街亜・岡田謙介. (2012). 『伝えるための心理統計: 効果量・信頼区間・検定力』東京: 勁草書房.
  • Plonsly, L., & Oswald, F. (2014). How big is “big”? Interpreting effect sizes in L2 research. Language Learning, 64, 878–912. doi: 10.1111/lang.12079
  • 竹内理・水本篤 (編). (2014). 『外国語教育研究ハンドブック: 研究手法のより良い理解のために (改訂版)』東京: 松柏社.
  • 浦野研・亘理陽一・田中武夫・藤田卓郎・髙木亜希子・酒井英樹. (2016). 『はじめての英語教育研究: 押さえておきたいコツとポイント』東京: 研究社.
  • 吉田寿夫. (1998). 『本当にわかりやすいすごく大切なことが書いてあるごく初歩の統計の本』京都: 北大路書房.

WS-B 15 (07/30)

  1. Announcements
  2. Course summary
  3. Final exam
  4. Announcements/Homework
    • ASAP
      • Writing 課題の未提出分
    • By Wednesday, July 31:
      • Continue Slack postings. 7月31日投稿分までを前期の成績に算入します。
    • Summer assignment:
      • 夏休みの課題として、Slack 投稿を続けてもらいます。8月1日以降の投稿は後期の成績に算入します。

ECS 15 (07/26)

  1. Announcements
    • Seating chart
    • 前期の授業をやむを得ない理由で欠席した人向けの追加課題:
      • 課題内容:教科書 Unit 1 から Unit 5 までのそれぞれの Reading の概要を日本語100字程度にまとめてください。1回の欠席につきひとつの Unit を対象とし、最大3回分まで提出できます。どの Unit を選ぶかはお任せします。
      • 提出方法:手書きまたはPCで入力したものを印刷し、浦野のメールボックス(4号館1階)に提出してください。科目名と学生番号、氏名を明記してください。
      • 提出期限:8月5日(月)
      • 注意事項:内容に応じて出席および授業参加度に加点します(質が低ければ加点ゼロもあり得ます)。欠席していない人も希望者は提出可能です(加点します)。独力でやってください。他の人と極端に似通った内容にものが見つかった場合、両者を加点ゼロにします。
  2. Unit 05. Past events: When I was little
    • Section C: Extension
      • Listening
      • Presentation
  3. Reflection (reflection sheet)
  4. Announcements/Homework
    • 夏休み中に英語に触れることを意識してください。休み明け最初の授業では、休み中の英語使用について英語でプレゼンしてもらう予定です。

R&WS-A F15 (07/26)

  1. Announcements
    • Really English will end today.
    • Make-up classes (補講) on Wednesday, July 31 (09:00-12:10) @ D31. 再試験(make-up tests)に不合格だった人向けの再々試験を実施します。上記時間内の好きな時間に来て受験できます。期末試験前の質問や相談も受け付けます。
    • 期末試験 on Saturday, August 3
  2. Special lesson: Three places to visit in Sapporo(worksheet, Article A, Article B, Article C)
    • Reading
    • Writing (group work)
  3. About second-year courses
  4. Unit 7 make-up test
  5. Announcements/Homework
    • 欠席届を提出して授業を休んだ人向けの課題:
      • 授業で扱わなかった教科書のリーディングの要旨を日本語150-200字で書いて提出してください。提出した欠席届1枚につきリーディング1つとします。以下のリーディングを対象とします:
        • 欠席1回目分:Unit 3 Reading 1
        • 2回目分:Unit 3 Reading 2
        • 3回目分:Unit 4 Reading 1
        • 4回目分:Unit 4 Reading 2
      • 提出方法:学生番号、氏名、対象リーディングを明記のうえ、浦野のメールボックス(4号館1階)に投函してください。手書きでもPCで作成したものの印刷でも構いません。
      • 期限:8月3日(土)午後5時

CS-B 15 (07/24)

  1. Water cooler chat
  2. Announcements
  3. Unit 3: Call the shots (CS-B 2019 Teams)
    • Step 4: The poster presentation
    • … Go!
    • Intern evaluation
  4. Homework/Announcements
    • By July 31:
    • 教室外スピーキング活動」(浦野のメールボックスに投函してください)
    •  夏休み中の課題
      • 特に教材の指定は行いませんが、夏休み中にできるだけ英語を使うよう心がけてください。このクラスでは、特に英語を聞く・話す機会を多く設けてもらうことを期待しています。夏休みに何をどのぐらい頑張ったかについて、休み明けに報告してもらいます。その内容に応じて、後期の成績のうち教室外スピーキング活動分の20点の一部として評価します。「何を行ったか」、「どの程度の期間・時間を費やしたか」といったことについて説明できるようにしておいてください。

R&WS-A W15 (07/24)

  1. Announcements
    • Unit 7 make-up test on Friday, July 26
    • Make-up classes (補講) on Wednesday, July 31 (09:00-12:10) @ D31. 再試験(make-up tests)に不合格だった人向けの再々試験を実施します。上記時間内の好きな時間に来て受験できます。期末試験前の質問や相談も受け付けます。
    • 期末試験 on Saturday, August 3
  2. Writing test
    • Feedback on the third practice
    • Writing test (本番)
  3. Announcements/Homework
    • Continue Really English by July 26.
    • Study for the Unit 7 make-up test.
    • 欠席届を提出して授業を休んだ人向けの課題:
      • 授業で扱わなかった教科書のリーディングの要旨を日本語150-200字で書いて提出してください。提出した欠席届1枚につきリーディング1つとします。以下のリーディングを対象とします:
        • 欠席1回目分:Unit 3 Reading 1
        • 2回目分:Unit 3 Reading 2
        • 3回目分:Unit 4 Reading 1
        • 4回目分:Unit 4 Reading 2
      • 提出方法:学生番号、氏名、対象リーディングを明記のうえ、浦野のメールボックス(4号館1階)に投函してください。手書きでもPCで作成したものの印刷でも構いません。
      • 期限:8月3日(土)午後5時