札響定期演奏会

 

札響第630回定期演奏会(https://www.sso.or.jp/concerts/2020/09/-630/)を聴きました。新型コロナウィルスの影響で3回続けてキャンセルになったため、定期演奏会としては半年ぶり。僕も札響は8月の演奏会を聴きましたが、キタラでの演奏を聴くのは去年の12月以来。

やっぱり直接身体に感じる音はいいですねぇ。今回はじめてステージの反対側にいますが、思っていたより音はよく響いてます。さすがにピアノはちょっと遠く感じたけど、木管、特にファゴットははっきり響きます。ファゴット好きは一度はPブロックに座るべき。

そしてなによりこちら側に座る醍醐味は、指揮者と演奏者の対話が楽しめること。指揮する背中も素敵ですが、表情もしっかり見えるのはいいものです。

今日のプログラムは、本来はブラームスのドイツレクイエムという大曲が演奏される予定でしたが、一転して演奏者の少ない曲目に変更されました。ただ、そのおかげで普段あまり聴く機会のない曲目が演奏されるとも言えます。ベートーヴェンやシューベルトといった古典の響きを楽しみつつ、間にストラヴィンスキーの管楽器のみの刺激的な小品を挟んでくるあたり、なかなかにくい構成です(選曲はバーメルトさんによるもの)。

前半を締めたのはソリストによるアンコール。ベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番のあとにしっとり弾かれたエリーゼのために、にしんみりしました。

後半終了後は指揮の広上さんの挨拶のあとでシューベルトの第2楽章を再演。スピーチのあとでは同じ曲も違って聴こえました。

最後に、これはいつものことだけど、オーボエの艶のある音がうつくしくて、それこそ天に昇ります。ありがとうございました。

オンライン授業事例報告 (4)

これまでの記事:

あれよあれよという間に後期が始まり、今度は感染症対策に気を配りながらの対面授業に四苦八苦しています。そちらの話は日をあらためて行うことにして、前期のオンライン授業の内容についてもう少し振り返ります。

Google ClassroomとGoogle Docsを利用した(オンライン)共同ライティング

ライティングの授業では、これまでも2名または3名が協力してひとつの文章を書き上げるという活動を取り入れてきました。複数人で書くことで、ブレインストーミングやアウトラインの質が上がること、また話し合いながら書くことで、内容面だけでなく言語面についても意識化がうながされる場面が増えることなどが、共同ライティング活動を行う主な理由です(別途個別に書く活動も採用しています)。今回は共同ライティング活動をオンライン授業で実施した手順を紹介します。

Google Classroomでの設定

共同ライティングを行うだけなら、Google Classroomは必須ではなく、Google Docsだけでも実施可能です。ただ、他の活動も含めて成績管理を一括して行うなら、やはり Classroomも併用した方が便利です。

Google Classroomの基本的な使い方は省略しますが、共同ライティング活動では「課題(assignment)」機能を使います。課題機能を使うと、学生に何かを提出させることができます。個別で行うライティングの場合には、あらかじめ作成したテンプレートファイルを一斉に配布することで、統一されたスタイルやレイアウトの作文を集めることができて便利です。ただ、共同ライティングではここで少し工夫が必要です。

テンプレートファイルを用意するところまでは個別のライティング活動と同じですが、共同ライティングでは作成したファイルをペア・グループの数だけ複製し、それぞれ別のファイル名をつけておきます。僕はZoomのブレイクアウトルームを使ってグループワークを実施したので、ファイル名の末尾に Room 1, Room 2,… と部屋番号をつけておきました。すべてのファイルを課題に添付(アップロード)して、その際には「生徒が編集できる(Students can edit file)」ように設定しておきます。準備できた課題は下のスクリーンショットのようになります。

 

実際の授業では、Zoomを利用して課題の説明を行ってから、学生をブレイクアウトルームに分けます。学生はひとりひとりが自分の部屋番号に対応したファイルをブラウザで開きますが、複数人が同時に編集できるので、メンバーの誰もが同時に文章を入力することができます。話し合い自体はZoomを使って行い、作文はGoogle Docs上で進行します。グループによってはDocs上にアウトラインを作成するところもありました。

このやり方で共同ライティングを行うよい点は、ウェブブラウザで複数の学生が同時に利用できることに加え、ファイルが随時保存されるので保存や提出といった手間が不要なところ、さらに教員である僕自身も編集中のファイルを常時モニターできるところです。Zoomのブレイクアウトルームに入ることもできますが、入退室が手間ですし、複数の部屋に同時に入ることはできません(これは複数アカウントを使うことで回避できますが、そこまではしませんでした)。一方Google Docsのファイルについては、ブラウザで複数を同時に開くことができ、作文・編集の様子をリアルタイムでモニターすることができます。さらに必要があれば教員も指示やコメントを直接書き込むことができるため、適宜フィードバックを与えることも可能です。

評価とフィードバック

学生が作文をしている間にも必要があればフィードバックを与えますが、文章の内容や構成に注目してほしいのでこの段階では文法や語彙についてはあまり触れませんでした。そこで、課題提出(実際にはブラウザを閉じるだけなので「提出」というステップはありませんが)後に全体的なフィードバックを行いました。

個別のライティング課題については、iPadのGoogle Classroomアプリを利用すれば、Apple Pencilを使ってアプリ内で個々の作文に直接手書きで添削し、それをPDF形式で返却することができます。しかし、上で説明した共同ライティングのやり方ではそれができません。そこで、提出された作文をそれぞれPDFファイルに保存して、それをiPadで開いて添削する方法を採りました。添削には以前よりPDF Expertというアプリを利用していますが、他のアプリでもかまいません。

添削したPDFファイルはすべてをまとめてひとつのファイルにしてClassroomにアップロードしました。そうすることで学生たちは自分たちの書いた作文だけでなく、他のグループが書いたものとそれに対する教員のフィードバックを見ることができます。ただし成績(グループごとにA, B,Cをつけます)については公開せず、PDFに書き込まずに個別に返しました。

以上です。ここまでの方法は、Google Classroomを使わなくてもGoogle Docsだけで実現可能です。編集可能なファイルを複数用意して、それぞれのファイルのアクセス情報(URL)を各グループに伝えればOKです。

今回の内容は、Google ClassroomやGoogle Docsを使ったことがない方にはピンとこないかもしれませんが、一度触っていただくとイメージがわくと思います。

オンライン授業について最低限共有しようと思っていたものはこれですべてです。他にも細々といろんな工夫をしてきましたが、そちらについてはうまくまとめられそうであればまた紹介します。

オンライン授業事例報告 (3)

これまでの記事:

今回の投稿は、オンライン授業をどのように始めたのかについて紹介します。特に大学に入学したばかりの1年生を対象にした科目を例に、実質的に一度も対面せずにオンライン授業を軌道に乗せるまでのステップを振り返りたいと思います。ご参考までに、この授業は週2回開講なので、全部で15週30回の授業で構成されています。

授業開始前

僕が担当した1年次科目は学部の新入生全員が履修するもので、 授業開始前のガイダンス期間に対面で簡単なプレースメントテストを実施した上でクラス分けを行いました。プレースメントテストの場で、授業に関する重要なお知らせをメールで一斉配信するので確認するようにと伝え、第1回目の授業前に各自が担当教員にメールで自己紹介(英語)を送るという課題を用意しました。

自分の担当するクラス(実履修者17名)から自己紹介を受け取ったあとで、僕の方から案内メールを1通送りました。今後のコミュニケーションはLINEオープンチャットで行うことを伝えて登録を促し、自宅のITやWi-Fi環境を調査するためGoogleフォームで作成したアンケートへの回答を依頼しました。

さらに、授業は原則同期型(リアルタイム)で行うことも伝え、初回授業はLINEで行うので開始時刻までに待機しておくよう伝えました。授業開始までに17名がLINEオープンチャットに参加してくれていたので、初回授業は予定通りLINEにて行いました。

第1回授業

2回目以降はZoomを使う可能性を伝えてあったものの、1年生ということでひとりひとりがどのような環境にいるかすべてを把握しているとは思えなかったため、初回授業はLINEのみで実施しました。僕は自宅のメインPC(MacBook Air)にLINEアプリをインストールしてあるので、キーボードを使ったスムーズな文字入力が可能です。学生はおそらくみんなスマートフォンで参加していたと思います。

どんな感じで授業を始めたのかは、実際のログを見ていただくのが一番わかりやすいと思います。

この後は、提出してもらった自己紹介への全体的なフィードバックや、それに関する質問や意見交換をLINEで全員を交えて行いました。学生たちははじめてのオンライン授業、しかも書きことばでのリアルタイムなやり取りという形であったにも関わらず、積極的に意見を投稿してくれたので、予想していたよりも活発な授業になって僕自身ほっとしました。

第2回目以降

第2回目の授業もLINEを中心に進めました。出席確認後、宿題にしておいた修正版自己紹介への簡単なフィードバックを行い、それに続いてこちらでテーマを用意したいわゆるエッセイライティングの課題に取り組んでもらいました。そして授業の終わりにZoomの動作確認を行い、うまくいかない学生についてはメールやLINEでやりとりしながら授業外の時間も使って全員がZoomを利用できるところまで持っていきました。

第3回目の授業ではLINEを使ってGoogle Classroomの導入を行い、授業の後半でふたたびZoomの動作確認を行いました。そして第4回目からはZoomをメインに授業を進めましたが、授業開始時の挨拶と出席確認は引き続きLINEオープンチャットを使いました。Zoomについてはほぼ問題なく使えていましたが、Zoomへの接続がうまくいかない学生や時々落ちてしまう学生、さらに音声トラブルなどが発生することもあったので、LINEはそのバックアップの役割も果たしました。Zoomにもチャット機能がありますが、Zoomそのものに接続できないトラブルでは意味がないですし、あとになって振り返るためには保存したログを開かなければならないわけで、テキスト情報のやりとりはLINEに集約した方が便利でした。

ここまで2週間ほどの時間を使い、一度もグループとして集まることなしに無事オンラインでの授業環境を整えることができました。もっとも2週間ただ環境整備をしていたわけではなく、ライティングやリーディング課題も織り交ぜていたので、15週が終わったところでは昨年度と同じだけの授業内容をカバーすることができました。出席率と授業への参加状況も、対面だった昨年度までよりもむしろ高い状態が最後まで続き、特にエッセイライティングについてはここ数年担当したクラスの中では全体として一番よい成績だったのではないかと思います。

その他のクラス

前期に担当した1年次科目はこのひとつで、それ以外はすべて2年次以降の科目でした。2年生以上であれば、少なくとも大学のメールやポータルサイトの使い方は覚えているし、前年度までに僕の授業を取っている学生も多く、授業に絡んだLINEでのやりとりにも慣れていたので、1年次科目よりはずっとスムーズにオンライン授業を始めることができました。基本的にはメールやポータルを使って学生をLINEオープンチャットに招待し、そこでZoomに関する情報を伝え、初回からZoomで授業を行うことができました。

以上、対面なしでオンライン授業に入るために僕が踏んだステップを紹介しました。次回からはLINEとZoom以外のプラットフォームの利用方法について紹介したいと思います。

<第4回目の投稿はこちらです>

オンライン授業事例報告 (2)

これまでの記事:

第2回の投稿では、前期15週のオンライン授業で使った各種サービスを紹介します。細かい使い方は別の記事でお伝えすることにして、ここでは概要をお見せしようと思います。

すべての授業で共通して使ったもの

LINEオープンチャット

http://openchat-blog.line.me

学生との連絡用に5年ほど前からLINEを利用しています。それ以前はメールが主なコミュニケーション手段でしたが、LINEの方が圧倒的に反応が早いのですよね。学生が日常的に使っているからこそですが、そこにただ乗りさせてもらっている感じです。今年度は念のため事前にLINEの利用状況を調査しましたが、利用率100%だったので安心して委ねられました。

昨年度までは授業ごとにLINEグループを作成して使っていましたが、今年度はLINEオープンチャット(OC)を使っています。OCの利点は2つ。LINEグループの場合にはこちらで個別に学生を招待する必要がありましたが、OCではともだちになるというステップを省略して、招待用リンクやQRコードを使って学生が直接参加できます。同じ時期にのべ70-80人の学生を招待するので、OCの方がかなり便利でした。

もうひとつの利点は、OCに投稿されたものを後から参加した人も遡って閲覧できる点です。LINEグループの場合、全員向けの連絡は全員が参加してから行うか、新しい参加者が入るたびに同じ内容を投稿する必要がありますが、OCでは「はじめに」的な投稿を一度するだけで済みました。

授業時間内外合わせて、OCは学生とのコミュニケーションの主要チャンネルとして使ってきました。具体的な使い方は後日あらためて紹介します。

Zoom

https://zoom.us

Zoomはすべての授業でオンライン上の「教室」の役割を果たしました。Recurring meetingsを使い、授業ごとにユニークなmeeting IDを用意しました。こうすることで、学生たちには授業用URLを一度知らせるだけで毎回同じ部屋を利用できます。また、waiting roomも使わずに学生が僕より先にログインできるようにもしたので、本物の教室と同じように学生が好きな時間に入ってきて、授業開始を待つことができました。2年生のライティングのクラスでは、僕が入る前に雑談で盛り上がることが多かったようです。ただし、こういった運用が可能なのは履修者が少ない(今年度前期は最大で17名でした)からこそかもしれません。

すべての授業(ミーティング)は自動的にサーバーに保存される設定にして、さらにDropboxと連携することで自動的にローカル環境にも保存されるようにしました。録画したデータは基本的には公開しませんが、欠席した学生が僕の話を聞きたいという場合にその都度共有しました。

その他のサービス

Google系

僕の勤務先では、独自のLMSの他に数年前からGoogle Classroomが利用可能で、僕はライティングの課題提出などに使っていました。教職員や学生の使うメールもGoogle(Gmail)なので、シングルサインオンで各種サービスが利用できるのが魅力です。

Google Classroom (https://classroom.google.com) は、教材の提示と課題の提出、それにフィードバックも含めた成績評価の提示と保存のために利用しました。細かい使い方は授業ごとに異なりますが、毎回の授業を日付でラベル付けして、その日の教材や課題をまとめて時系列順に並べる使い方がシンプルでよかったと思います。

Gmail (https://gmail.com) は3年生のビジネス・ライティングの授業で使いました。ビジネスメールを書くことがテーマのこの授業で15年ほどずっと使ってきたので、そういう意味では新しさはありません。ビジネス・ライティングの実践例については、松村(2017)の第8章で少し紹介しているので、もしよろしければご覧ください。

https://www.taishukan.co.jp/book/b298105.html

Google Classroomと連動させて多用したのが Google Docs (https://docs.google.com) でした。Microsoft WordのGoogle版的位置づけですが、ブラウザで利用できること、自動保存されること、テンプレートの配布が簡単なこと、複数人で同時編集ができること、その様子を教員である僕も随時モニターできることなど、特にライティング授業で使うにはいいことづくめです。オンライン授業だけで使うのはもったいないですね。Google Docsを使った実践例も後日詳しく紹介します。

Google 系でもうひとつ利用したのがJamboard (https://jamboard.google.com) 。こちらは他のサービスほどは知られていませんが、ホワイトボードを共有するウェブサービスです。マーカーでの書き込みと付箋を使える程度のシンプルなものですが、グループワークではZoomに付いているホワイトボードの代わりにこちらを使いました。Googleの他のサービス同様ファイルが自動保存されること、複数人での同時編集がスムーズなこと、教員である僕も随時複数のボードをモニターできることなどが便利です。

Google以外のサービス

基本的にはこれまでに紹介したサービスが中心でしたが、授業によっては他のサービスを援用しました。

Flipgrid

https://flipgrid.com

学生のプレゼンテーションの提出場所として利用しました。スマートフォンの前で話すだけで完了するので手軽です。詳しい使い方はご要望があれば後日。

Canva

https://www.canva.com

ウェブベースのポスター作成アプリで、ポスター発表用のポスターを作成するために使いました。同じ用途でGoogle Slidesも用意しましたが、Canvaの方が洗練されたポスターが作れます。複数人で同時編集が可能です。

Slack

https://slack.com

2年生のライティングの授業で、教室外ライティング活動用に使っています。オンライン授業になる前から使ってきたので、今回特に新しくしたことはありません。Slackの利用方法についてはこちらの口頭発表資料の中で少しだけ紹介されています:

https://www.urano-ken.com/research/jasele2017/

以上です。次回は各授業の導入に焦点を当てて、主に第1回目の授業の進め方と、授業全体の流れについて紹介する予定です。

<第3回目の投稿はこちらです>

オンライン授業事例報告 (1)

僕の勤める北海学園大学でも間もなく後期が始まりますが、その前に、すべてオンラインで実施した前期の授業について今のうちにまとめておこうと思います。

僕は英語の教員で、いわゆる講義科目は担当していません。週6コマの英語科目の他にゼミを持っていますが、ここでは英語科目に絞って紹介します。

北海学園大学では、授業開始を当初の予定より1週間ほど遅らせて、すべての授業をオンラインで実施する形で今年度が始まりました。6月になって一部で対面授業が再開されましたが、経営学部は学部の判断で原則オンライン授業を前期終了まで続けました。

授業開始を1週間遅らせるとアナウンスのあった3月中旬には、少なくとも前期の授業はオンラインで実施される可能性があると考えて準備を始ました。最初に検討すべきは、時間割通りにリアルタイムで実施するか、時間に関する縛りのないオンデマンド型にするかでした。

リアルタイムorオンデマンド

英語教育の分野では、リアルタイム型の授業を同期型(synchronous)、オンデマンド型を非同期型(asynchronous)と呼びます。それぞれに利点・欠点がありますが、僕は原則すべての授業を同期型で実施することに決めました。理由は以下の通りです。

1. できる限り対面授業と同じものを提供したい

僕の授業では、多くの時間をペアワークやグループワークに使います。非同期型授業では、学生同士が直接やりとりをする活動を設定するのは(不可能ではないものの)現実的でないため、できれば同期型で行いたいと考えました。

2. 授業という生活リズムを維持したい

履修者の多い講義科目では、配信動画や配布資料を使って学生が自分のタイミングで勉強する非同期型授業が中心になることが予想されました。すべてが非同期型になると、学生が学生としての生活リズムを保つことが難しいだろうと考え、週に1つ、2つであっても時間割通りに開講することで、毎週同じ時間に同じメンバーが集合するという形を作りたいと考えました。

3. 授業以外の余白部分も経験してほしい

上で書いたことともつながりますが、去年までと同じような学生としての経験を継続して持ってほしいということを、特に1年生に対して強く思っていました。時間割通りに集合して挨拶をしたり、教員(僕)のちょっとした雑談を聞いたり、学生同士でもゆるく談笑する時間を確保したり、そういうことを意識して授業を進めました。詳しくはのちほど紹介しますが、僕の授業では主にZoomを利用して、ブレイクアウトルームに分かれて数名の学生同士でグループワークを多く行い、時にはブレイクアウトしたまま解散という日もありました。そういう時には時間の許す限りZoomを開放しておき、授業に関係ないことも含めて自由に雑談してくださいと言っておきました。特に1年生の授業では、終了後1時間以上残る学生もいて、どんな話をしていたか僕は知りませんが、対面授業に伴う授業以外の経験に近いものをオンライン環境でも提供できていたのではないかと思います。

使用するプラットフォーム

以上の理由で同期型授業を実施することに決め、次にどのプラットフォームを使うかの検討を行いました。できる限り対面授業に近い形での実施を考えたので、まずはビデオ会議システムの利用を前提とし、それができるかどうかを確認しました。

具体的には、自分のクラスの履修者が確定してすぐに全員に連絡し、自宅でのネットワーク環境および利用可能なIT機器(スマートフォン、タブレット、PC、プリンタ等)の調査をGoogleフォームを用いて実施しました。その結果、(少なくとも僕の授業を受ける学生の)全員が通信量(料)を気にせずインターネットを使える環境を持っていたため、ビデオ会議システムの利用を決めました。

利用するプラットフォームについては、Google Meet(大学でG Suiteを契約しているためこちらが推奨)、Zoom、Skype、Microsoft Teams、LINEビデオ通話などを検討し、同僚とオンライン会議をする中で画質・音質などの比較をしました。最終的にZoomの利用を決めたのは、画質・音質がよいように思えたこともありますが、ブレイクアウトルームという参加者をグループに分けてビデオ会議を行う機能を持っていることが決定的でした。

Zoomを3名以上で授業時間で利用するためには有償のアカウントが必要で、僕は自費で1年分の契約を行いました。出張がほとんどなくなることが予想されたため、授業以外にも研究会等で利用することが多いだろうという判断でした。実際現在でもかなりの頻度で利用しています。

第1回目の報告はこれで終わりです。次回はざっくりした授業の進め方について触れ、あわせてZoomと併用した他のオンラインサービスについて紹介する予定です。

<第2回目の投稿はこちらです>

コタロー


浦野コタロー / Kotaro
(2003.08.28.–2020.03.22.)

浦野コタローは、3月22日の昼過ぎに永眠しました。腎臓を患い何度か入院することもありましたが、在宅療養でそれなりに元気にやってきました。徐々に体力が落ちる中、3日前に起き上がることができなくなり、獣医の指示をいただきながら在宅で看取りました。苦しむ様子は見せず、静かに息を引き取りました。

Our canine family member Kotaro passed away on March 22, 2020. He was the first addition to the Urano family, and had always been with us since he came to our home in the summer of 2003. He didn’t seem to suffer from pain until his last moment, and died peacefully at home, surrounded by us.


December 7, 2003


April 12, 2004


February 14, 2018


On his 15th birthday. August 28, 2018

メソ研2020@那覇

このページは、外国語教育メディア学会(LET)関西支部メソドロジー研究部会の2019年度第3回研究会@ビジネスセンター Keep Front の口頭発表「第二言語習得と外国語教育における『文法知識』の位置づけ」に関する資料の保管・公開場所です。

引用文献

  • Bley-Vroman, R. (1989). What is the logical problem of foreign language learning? In S. M. Gass & J. Schachter (Eds.), Linguistic perspectives on second language acquisition (pp. 41–68). Cambridge University Press.
  • Bowles, M. A. (2011). Measuring implicit and explicit linguistic knowledge: What can heritage language learners contribute? Studies in Second Language Acquisition, 33, 247–271. https://doi.org/10.1017/S0272263110000756
  • Canale, M., & Swain, M. (1980). Theoretical bases of communicative approaches to second language teaching and testing. Applied Linguistics, 1, 1–47. https://doi.org/10.1093/applin/i.1.1
  • DeKeyser, R. M. (Ed.). (2007). Practice in a second language: Perspective from applied linguistics and cognitive psychology. Cambridge University Press.
  • DeKeyser, R. M. (2015). Skill Acquisition Theory. In B. VanPatten & J. Williams (Eds.), Theories in second language acquisition: An introduction (2nd ed.) (pp. 94–112). London: Routledge.
  • Ellis, R. (2005). Measuring implicit and explicit knowledge of a second language: A psychometric study. Studies in Second Language Acquisition, 27, 141–172. https://doi.org/10.1017/S0272263105050096
  • Ellis, R., Loewen, S., Elder, C., Erlam, R., Philp, J., & Reinders, H. (2009). Implicit and explicit knowledge in second language learning, testing and teaching. Bristol: Multilingual Matters.
  • Hulstijn , J. H . (2002). Towards a unified account of the representation, processing, and acquisition of second language knowledge. Second Language Research, 18, 193–223. https://doi.org/10.1191/0267658302sr207oa
  • Krashen, S. D. (1981). Second language acquisition and second language learning. Oxford: Pergamon.
  • Krashen, S. D. (1985). The input hypothesis: Issues and implications. New York: Longman.
  • Long, M. H. (1983). Does second language instruction make a difference? A review of research. TESOL Quarterly, 17, 359–82. https://doi.org/10.2307/3586253
  • VanPatten, B. (1996). Input processing and grammar instruction: Theory and research. Norwood, NJ: Ablex.
  • Wakabayashi, S. (1997). The acquisition of functional categories by learners of English. Unpublished Ph.D. Dissertation, University of Cambridge.

BP 15 (01/28)

  1. Announcements
  2. Presentation Task 08: Presentation with slides (2)
    • Rehearsal
    • Presentation & feedback
  3. Course summary
  4. Announcements/Homework
    • 未提出の課題を31日まで受け付けます。LINEで指示した方法で提出してください。
Categories: BP