BP 14 (01/21)

  1. Announcements
  2. Pokka Sapporo business lines (webPPT)
    • 設定:シンガポールで開催される日本企業の合同説明会の中で、ポッカサッポロの人事担当者として、入社希望者を募るための企業紹介を行ってください(3分以内)。説明会には他の日本企業も出展していて、参加者は日本の企業への就職を考えているシンガポールを中心とした人たちという設定です。
    • Feedback
  3. Presentation Task 08: Presentation with slides (2)
    • Pair work
      • 紹介する企業名
      • 文脈(どのような状況で誰に対してプレゼンを行う想定か)
      • スライド(PowerPoint等で数ページ、画像中心で文字の少ないもの)
  4. Announcements/Homework
    • Prepare for Presentation Task 08.

WS-B 2-14 (01/21)

  1. Announcements
  2. Unit 6: Cause-effect essays
  3. ビジネス英語科目について
  4. Announcements/Homework
    • By Monday, January 27:
      • Second draft of the cause-effect essay @ Google Classroom.
    • By Friday, January 31:
      • Slack posts both in #topics and #journal

CS-B 2-15 (01/15)

  1. Water cooler chat
  2. Announcements
    • Seating chart
    • About the third-year classes (履修の手引)
    • Make-up class on Wednesday, January 22 (12:40-15:50). 期末試験を兼ねたスピーキングテストを実施します。Widget, Inc. の正社員採用のための面接試験になります。指定された時間にD50教室に来てください。自分の面接開始時刻を確認し、遅くも10分前には教室に来てください。
  3. Stage 6: Don’t sell yourself short
    • Looking back, looking forward
    • Write a resume
    • Write a cover letter (skip)
    • Face to face
  4. Homework/Announcements
    • Before the next class:
      • 教室外スピーキング活動今週分(1/15–1/21)は1/22の面接時に提出。最終回(1/22以降)は1/31までに浦野のメールボックスに提出。

CS-A W15 (01/15)

  1. Announcements
    • Interim report
    • G-TELP score report
    • Final make-up quiz on Friday, January 24 (09:00-12:10) at 行動科学実験室1. Listeningは10:00からと11:00からの2回再生するので、どちらか都合のよい方で受験してください。Vocabularyのみの人は上記時間内ならいつ受験してもかまいません。
  2. About the 2nd-year courses (履修の手引)
  3. Speaking test
  4. Announcements
    • Study for the final make-up quiz.
    • Continue the ReallyEnglish e-learning assignments.
    • Good luck on the final exam on Thursday, January 30.

CS-A F15 (01/10)

  1. Announcements
    • Interim report
    • Speaking test on Wednesday, January 15
    • Final make-up quiz on Friday, January 24 (09:00-12:10), room to be announced
  2. Additional activity: Big Boggle (big boggle worksheet, big boggle data)
  3. Speaking test preparation (about the speaking test)
  4. Make-up quiz for Units 01-04
  5. Announcements/Homework
    • Prepare for the speaking test.
    • Really English e-learning.

2019年を振り返る

あっという間に2019年もおしまい。せっかく続けているので今年もここで1年間を振り返ります。

話したこと

個人で申し込んだ発表のほか、頼まれて話をすることが多くなってきました。気持ちは若いのですが、だんだんそういう役回りになってきたということでしょう。ここでは個人もしくは筆頭で話したもののみ掲載します。

依頼されたものが中心ということもあり、自分のメインとしている研究とはちょっと違った内容のものが多いですね。昨年まで力を入れてきた task-based language teaching (TBLT) や English for Specific Purposes (ESP) 関連で話をする機会がなかったのが残念です。2020年にはまたそういう研究や教育実践に関する話をしていきたいと思います。とりあえずは、3月6日に広島大学の研究会にお招きいただき、Designing task-based ESP syllabi: Two cases from an English for Business Purposes program というタイトルでお話ししてきます。

書いたもの

書くのはほんとに嫌いなので、相変わらず寡作です。今年出版されたものは、第2著者のものが1本のみ。これは客員教授をしている名古屋学院大学で指導していた院生の修士論文の(主要でない)一部をまとめたものです。僕の職場の紀要なのですが、所属していない人が第1著者になれるというのは(ルールがないだけとはいえ)寛大だなぁと思います。

その他に、2018年の後半に「『使える』文法知識を探る」というタイトルのブックチャプターを書いて、今年の前半に書き直しなどしたのですが、残念ながらまだ出版までたどり着いていません(詳しいことはよくわかりません)。せっかく書き下ろした原稿で放置するのはもったいないので、2月15–16日に沖縄で開催されるメソ研でこれを基にした発表をする予定です。

仕事

2019年度は週平均で8コマ弱の授業を担当しています。そのうち5.5コマが火曜と水曜に集中していて、週末から水曜にかけては授業準備と授業そのものでだいぶ消耗してしまう感じでした。その他にも、細々したものを含め学内の仕事が例年以上に多くて、日々の To Do リストを片づけているだけで1年が終わってしまったようにも思います。学内の仕事の他にも、客員先ではM2の院生を7名抱えており、そちらにもかなりエネルギーを割きました。学外では、(給料は発生しませんが)学会関係の仕事をいくつかかかえていて、ずっとつきっきりというわけではないものののそちらもなかなか面倒で。どなたか代わってくださいませんか(苦笑)。

おわりに

プライベートなことは何も書いていませんが、以上が職業人としての僕の1年間でした。来年はゼミや大学のイベントで何度か海外に行く予定もあり、あれこれにぎやかな1年となりそうです。なんとか時間をみつけて、自分の研究も少しずつ進めたいと思います。研究者としての僕は何にエネルギーを使うのが一番よいのかな。

CS-B 2-14 (12/25)

  1. Announcements
  2. Water cooler chat
  3. Stage 5: Get the word out
    • The main event!
    • Paperwork!
  4. Stage 6: Don’t sell yourself short
    • All good things…
    • The right person for the job
    • Looking back, looking forward
    • Write a resume
  5. Homework/Announcements

CS-A W14 (12/25)

  1. Announcements
  2. Speaking test preparation (about the speaking test)
  3. Make-up quiz for Units 11-14
  4. Announcements/Homework
    • 欠席者向けの課題:
      • Speaking test の Part 2 で用意された20の質問から好きなものを選び、それぞれ100語程度の英文で書いてください。1回の欠席につき6つ、最大で3回分の欠席(3×6=18)を埋め合わせる課題とします。Microsoft Word で作成し、最初に学生番号と氏名を記入してください。印刷したものを1月10日の授業で提出するか、1月9日までに@hgu.jpのメールに添付する形で提出してください。
    • Study for the make-up quiz for Units 01-04.
    • Prepare for the speaking test.
    • Really English e-learning.