リスタート

妻子持ちということもあるのか、子ども(特に小さな娘)が出てくるドラマや映画を見ると変に感情移入したり思わず涙を流してしまう今日この頃ですが、先程最終回の放送が終わった NHK の「離婚同居」をここ1ヶ月あまり堪能しました。漫画が原作だそうで最後も大団円といった趣ですが、時折しんみりしたり、主人公が写真家だったり、離婚してから妙にモテたり、いろいろ楽しんでしまいました。ちなみに僕は幸せな家庭生活を送っている(と少なくとも自分では思っている)のでご心配なく。

週末の学会から札幌に戻り、仕事を中心とした日々の生活にすっかり引き戻されていますが、あらためて研究を頑張ろうという気持ちも高まっています。1年以上放置しているリサーチノートですが、再開へのプレッシャーを何人かの方々からいただいたので、時期を見て再始動させようと思っています。

これとは別に、今週に入って大きな通知とそこそこ大きな通知がありました。大きな方はちょっとここでは書けませんが、「そこそこ」の方については、某学会のそれなりに大きな仕事の委嘱のメールが今日届きました。最初に打診があったのは去年の9月だったので結構時間がかかりましたが、これでまた僕の自由時間を脅かす存在が生まれることになります。明確な任期がない仕事であり、前任の先生は10年近くこの職にあったそうなのでちょっと不安でもあります。まぁ Que sera sera、なんくるないさーという気持ちでのぞみたいと思います。