ささやかな楽しみ

PH_53.jpg

運営委員としての結構過酷な出張を終え、体調を崩しながらも火・水の5コマの授業を終えて現在に至ります。金曜にも1つ授業がありますが、今週の残りは学内某業務の作文と来週末の学会出張がらみの仕事に費やすことになりそうです。返事をしたいメールも何件かあるし、月末締め切りの論文査読もあるし、なかなか休めません。

そんな僕を癒してくれるのは、(愛する家族と愛犬の笑顔を除けば)お気に入りのワインを開けること。僕がずっと贔屓にしていて、実際僕の体の何パーセントかはここのワインでできていると思われるブルゴーニュのとある作り手がスパークリングワイン(しかもブラン・ド・ブラン)を作っていることを最近知って、今夜はそれを抜栓しました。コルクを抜いた瞬間から広がる心地よい香り。口に含むと体中に広がる甘美な後味。お気に入りのスパークリングがまた一つ増えました。

セラーには同じものがもう1本入っていますが、これは早速追加注文をしないといけません。小さな作り手だし、入手できなくなる前に買い占めた方がいいかな(そんな財政的余裕はない)。

そうこうしているうちに1本空いてしまいそうなイキオイです。幸せだ〜。

30分後に追記。買い占めは無理でしたが、早速このブラン・ド・ブランを6本(と同じ作り手の白と赤を3本)注文しちゃいました。いつもは相棒の許可をもらってから注文ボタンを押すんですが、今夜は省略。明日の朝告白するのがコワイ。

こちらの2006年ビンテージは生産量が4,000本だそうで、僕の入手分(最初に買ったのと合わせて)8本では買い占めとは言わないか。でもまぁ個人で全生産量の0.2%を飲み干せば、それはそれですごいことか。