iMac に Windows 7

今日は一日研究室のPCの前で作業。まずは Windows 7 の導入ですが、すでに Vista が動いていたマシンなので、Boot Camp 云々ではなく Vista を立ち上げた状態でインストールディスクを起動すればOK。一応新規インストールをしましたが、ドキュメントなどは自動的に Windows.old というフォルダに退避してくれました。

Windows 7 自体のインストールはスムーズでした(時間はかかるけど)。Wireless mighty mouse(マックの bluetooth マウス)が反応しないというトラブルがありましたが、こちらは明日対処することにしてとりあえず手元にあった USB 接続のマウスを使いました。Windows 7 が入った後で Snow Leopard のディスクを(Windows で)読み込むことで iMac に内蔵されたハードウェアのドライバのインストールも完了。あとはプリンタやスキャナなど日常的に使うハードのセットアップをして(プリンタは何もしないで勝手に動いた)、こちらも日常的になくてはならないアプリケーションを導入しました。主なものは次の通り:

  • Microsoft Office 2007: 互換性を考えるとマイクロソフトの呪縛からはまだ逃れられません。
  • ESET NOD32: ウィルス対策ソフト。
  • Mozilla Firefox 3.6 & Thunderbird 3.0: ウェブブラウザとメールソフト。Thunderbird はちょうどバージョン3が出たところなので見た目はかなり新しくなりました。この2つのソフトについては、MozBackup という便利なアプリケーションを使って Vista の方のデータ(アカウント情報やブックマーク、保存された全メール等々をすべてバックアップ&復元したので、インストール後すぐに利用再開できて助かりました。
  • Evernote & SugarSync:今の僕にはなくてはならないライフハックのためのソフト。この2つについてはそのうちここであらためて紹介しようと思っていますが、前者はどんなメモでもまとめて放り込んでネット上に保存しておけるサービス。ドキュメントスキャナと連動させることで紙の文書もすぐにデジタル化できるし、携帯(スマートフォン)で撮った写真や録音した音声ファイルをアップロードすることもできて超便利。後者は複数のPCでファイルやフォルダをネットを介して同期するソフト。書斎のPCで文書などのファイルを更新すると、研究室の同じファイルも自動的に更新されるすぐれもの。しかもそのファイルを携帯(スマートフォン)で読み書きできるので、出張にPCは要らなくなりました。

とりあえずこんなところかな。あとは FTP やテキストエディタなどが必要になりますが、あわてずボチボチやろうと思います。

Windows 7 は Vista と比べてだいぶ軽くなったそうですが、まだそれを実感するには至っていません。もっとも、あれこれソフトを入れ過ぎて肥大化していたことを思えば、OS をクリーン・インストールするというのはすっきりして気持ちがいいもんです。

学内ネットワークに接続するためのプロクシ設定などの細かいこともある程度片付けたので、明日mighty mouse だけなんとかすれば通常業務に戻れます。MacOS のアップグレードと合わせて2日で大体片付いたのは良かったです。

明日は午前中 iMac の相手をして、午後は会議がひとつ。夜は職場の送別会。今月は飲み会が続きますよ~。