両立は大変

僕は普段、平日は仕事に集中し、週末はどちらか1日(場合によっては2日)子どもと遊んだり料理をしたりに時間をかけていますが、この1週間はそのバランスがちょっと崩れたせいで微妙に身体がだるいです。

先週は月曜と木曜が祝日でしたが、僕にとっては2日とももともと授業の入っていない日。というわけで普段どおりに6コマの授業を担当したわけです。その一方で、普段は授業の準備やその他もろもろの仕事に使っている月・木を、余市に果物狩りに行ったり、子どもの散髪に付き合ったりと、家族サービスに充てました。さらに昨日(土曜)は円山動物園(の遊園地)ですっかり楽しんでしまったので、仕事がちょっとたまり気味です。

そんなわけで今日は仕事日。授業に使っている WordPress MU のアップグレードがうまくいかなかったので、最新バージョン(MU は通常版と統合されたので MU の名前が取れて WordPress 3.0.1)をクリーン・インストールしました。インストール自体はスムーズに進みましたが、5つ動かしているブログの復旧に結構時間がかかりました。投稿自体の復旧は、XML 形式でエクスポートしておいたものを一気にインポートするだけなので簡単ですが、サイドメニューに表示させているリンクの再設定がなかなか面倒です。OPML 形式に変換することでリンクのインポートができるんですが、カテゴリー分けなどは個々のリンクに手作業で情報を追加しなければなりません。これを簡単にできる方法があればぜひ知りたいところです。

夜は料理当番。あまり時間が取れなかったので、前菜に夕張産のトマトを添えたオヒョウのカルパッチョ、メインは豚バラ肉とヒヨコ豆のトマト煮込みの2皿。ブルゴーニュの白と赤を少しずついただきました。

明日は子どもが幼稚園バスに乗るのを見送った後、街に出て移動研究室。珈琲店で宿題のチェックや授業の準備をする予定です。夕方には教科書出版会社の担当者の来訪があるので研究室に戻ります。

いやぁ、また1週間が始まってしまいます。

WordPress を 3.0.1 にアップグレード

ダッシュボードに更新通知が来ていたので、いつもどおりのアップグレード。まず、エクスポート機能を使って過去の全投稿&コメントを xml に書き出してバックアップ。その後更新ボタンをクリックするだけで終了。問題なく動作しています。

Version 3 からマルチユーザー/サイト版(WordPress MU)と統合されたとのことですが、そういえば複数のブログを作成する機能ってどこにあるんでしょうね。未だに 2.9.2 を使っている授業用の WordPress MU を最新版にアップグレードしてみればわかるのかな。授業のために複数ブログを立ち上げて使っていることもあって、こちらの方は学期中にはできるだけアップグレード作業は行わないようにしていますが、間もなく夏休みに入るのでそこで更新しようと思っています。

WordPress 3.0

こちらのブログで使っている WordPress がいよいよ新バージョン 3.0 になりました。メジャーアップデートではありますが、通常通り全投稿のエクスポートとデータベースのバックアップを取った後で自動アップグレードボタンを押して作業は完了。

今のところ見た目はほとんど変わらず、動作も問題ないようです。こちらのビデオ(英語)を見たらいろいろ新しい機能が加わっているようですが、僕にとって何より気になるのは、WordPress MU との完全統合。これで通常の WordPress を1つインストールするだけで複数のブログを作成&管理できるようになったそうです。僕は仕事(授業)で WordPress MU を使って5つのブログを利用していて、その他にもこのひとりごとの他いくつかのブログを通常版の WordPress を複数インストールする形で利用してきましたが、今後は時間をみつけて整理しようと思います。

まずはアップグレードの確認報告まで。

生活サイクル

疲れて夜早く寝てしまうので、その分朝早く目が覚めます。今月から子分が幼稚園に通い始めるので、早寝早起きのリズムはちょうどいいかもしれません。

子分の通うことになる幼稚園は、奇しくも僕が最初に通った幼稚園と同じ名前です。もっとも、札幌と横浜にあるこの2つの幼稚園には何の関係もないみたいですが。

いよいよ新年度が始まりました。今日からしばらくは各種ガイダンスが続きます。4年間つとめた教務委員の仕事も昨日で終わったので、教務ガイダンスを担当しなくてよい今年の4月はずっと楽なスケジュールです。

ガイダンスと並行して授業の準備をしないといけません。Moodle の方はバージョンアップが無事完了したので、あとはデータを更新するだけ。WordPress MU を使った授業ブログは昨年度のデータをバックアップした上で削除して、同じスペースをそのまま使います。

前期に担当する授業の教科書が新版になったので、教材を一部作り直す必要がありますが、それ以外はすべて昨年度のものをほぼそのまま使えそうです。

年度もかわり気分一新仕事に励みます。

WordPress MU 2.9.1.1

昨日 WordPress MU を 2.9.1 にアップグレードしたばかりでしたが、少々バグがあったようで修正版 2.9.1.1 がリリースされました。バグについてはこちらの開発者ブログ(英語)に書かれていますが、僕は昨晩アップグレードしたばかりだったせいか問題には直面しませんでした。

例によって自動アップグレードをかけ、その後 Site Admin の Upgrade ボタンをクリックすることで、すべてのブログが最新版になる、はずなんですが、ダッシュボードを見るといまだに:

You are using WordPress MU 2.9.1.

のままです。ここの表記を修正し忘れてるのかな。アップグレード自体はうまくいったし、「最新版にアップグレードしてね」というメッセージも消えたので、ちゃんと 2.9.1.1 にアップグレードできたとは思うんですが。いずれにしても僕のところでは別段不具合は見られません。

WordPress MU を 2.9.1 にアップグレード

授業ブログに使っている WordPress MU の最新版 2.9.1 がリリースされました。全てのブログの投稿をエクスポート機能を使ってバックアップし、Upgrade ボタンをクリックし、その後ダッシュボードでサイト全体のアップグレードボタンをクリックして完成。特に問題なくスムーズにバージョンアップができました。

WordPress は次のメジャーリリースになる 3.0 から、通常版と MU(今後はマルチユーザーではなくマルチサイトと呼ばれるようになるみたい)が統合されるようです。つまり、普通に WordPress を設置すればそれだけで複数のブログを立ち上げられるようになるわけで、またひとつ便利になります(もっとも、MovableType は 2.X の時代からこれが可能でしたけど)。

統合を目指していることもあってか、シングルサイトの通常版と MU は、ダッシュボードの見た目も含めてかなり似てきているので、ぱっと見区別がつかないぐらいです。3.0 の登場が楽しみです。

WordPress MU を 2.8.5.2 にアップグレード

授業ブログとして使っている WordPress MU のダッシュボードに、「更新してね!」ボタンがここしばらく出ていたので、ちょっと時間ができた今アップグレードしました。現在動かしている授業5つ分のブログのバックアップを取って(といっても、アップロードしたファイルはすべてローカルにデータがあるので、標準の Export 機能を使って全部の投稿を XML ファイルに書き出しているだけです)、その後 “Upgrade Automatically” ボタンをクリック。更新作業はすぐに終わり、その後表示される “Upgrade Site” をクリックして全部のブログを一斉に更新します。

バックアップも含めて作業時間は5分程度。やはり自動アップグレードができるというのは本当に便利です。新バージョンが出る度に FTP を使って更新していたころと比べると気軽ですね。

(17:00 追記)

アップグレード直後の状態では、My Link Order というプラグインがきちんと動いていないことに気づきました。ダッシュボードから Plugins >> My Link Order と行ってみたら、”File /(パス)/wp-includes/taxonomy.php has been patched successfully.” と表示され、その後は問題なく動いています。

慌ただしい

午前中は外で仕事。午後は業者の訪問の後、会議の前の短い時間に卒業生が突然の訪問。東京都民になったM君、元気そうで何よりでした。

2時から会議。3時半ごろ終わりましたが、4時からFD関係の別の会議(というか業者のプレゼン)。こちらは今日だということを忘れていて焦りました。研究室に戻ったのは6時半ごろで、荷物をまとめて慌てて帰宅。

そんなこんなで子分・妹分の入浴時間に間に合いませんでした。夕食後、なかなか眠りにつかない妹分をだっこしているうちに午後10時近く。結局大学でできなかった明日の授業の準備をしていて現在に至ります。

明日の授業は後期のみ担当のもの。というわけで授業用のブログやら Moodle のコースやらを立ち上げました。WordPress MU にしても Moodle にしても、基本的な構築はできているので新しい授業が増えてもそれほどめんどくさくないのがありがたいところです。Moodle の方は、CSV ファイルで作成したアカウント一覧をアップロードすればあっという間に全24名の登録が完成。ラクチン。

Moodle についてはバックアップの効率化をはかるため、メタコースを利用してマルチメディア・ファイルを別の場所に収納するというやり方を試しています。これがうまくいけば懸案が一つ解決されることになるので、うまくいくことを願うのみ。

明日は授業が1つあって、午後は少々の空き時間の後で教授会。この週末に書きあげるべき論文は前半部分がほぼ完成。結果&考察については話の流れが出来上がっているので、あとは書くだけという感じです。そうはいっても土日と丸々つぶれそうな予感がしますが。

WordPress MU 2.8.1 から 2.8.4a へのアップグレード(トラブル&対処編)

先日 WordPress を 2.8.4 にバージョンアップをしましたが、授業ブログで使っている WordPress MU (multi-user; μ) の方も 2.8.1 から最新の 2.8.4a へのアップを試みました。ところがボタン1つをクリックするだけが売りの自動アップグレードがうまくいきません。具体的には、アップグレード作業の途中で何かのファイルがコピーできなかったといったエラーメッセージが出てしまいました。

WP MU 公式サイトのフォーラムを確認したところ、どうやら原因は 2.8.1 に含まれるファイルの記述ミスのようです(実際の議論はこちらの英語ページをご覧ください;あわせて同内容のこちらの開発者ブログも紹介します)。フォーラム内に出てくる対処法を試してみたところ、一発で問題が解決したので、問題点を見つけ出し、対応策を考えだしてくれた先人に感謝しつつ、以下簡単に紹介します。

  1. /wp-admin/includes/ ディレクトリ内にある class-wp-upgrader.php というファイルをダウンロードして、テキストエディタで開く。
  2. (たぶん)697 行目にある次の記述を見つける(テキストエディタで検索すればすぐに見つかります)。
    if ( !$wp_filesystem->copy($working_dir . ‘/wordpress/wp-admin/includes/update-core.php’, $wp_dir . ‘wp-admin/includes/update-core.php’, true) ) {
  3. 行内の “/wordpress/” というディレクトリ名(赤字の部分)を “/wordpress-mu/” に変更する。
  4. 保存したファイルをアップロードして置き換える。
  5. ダッシュボードで自動アップグレードボタンをクリック。

上記の修正を行わず、いわゆるマニュアル・アップグレード(新バージョンのファイルを全てアップロードした上での更新作業)を行えば問題なく対応できるそうですが、2.7 以降の WordPress (含 MU) の良さのひとつは自動アップグレードなわけですから、ファイル1つをちょっと修正するだけでなんとななったのはありがたかったです。

Google で調べてみても日本語の情報はまだほとんど見られなかったので、こちらで紹介させてもらいました。何かの役に立てば幸いです。