WordPress MU 2.8.1 から 2.8.4a へのアップグレード(トラブル&対処編)

先日 WordPress を 2.8.4 にバージョンアップをしましたが、授業ブログで使っている WordPress MU (multi-user; μ) の方も 2.8.1 から最新の 2.8.4a へのアップを試みました。ところがボタン1つをクリックするだけが売りの自動アップグレードがうまくいきません。具体的には、アップグレード作業の途中で何かのファイルがコピーできなかったといったエラーメッセージが出てしまいました。

WP MU 公式サイトのフォーラムを確認したところ、どうやら原因は 2.8.1 に含まれるファイルの記述ミスのようです(実際の議論はこちらの英語ページをご覧ください;あわせて同内容のこちらの開発者ブログも紹介します)。フォーラム内に出てくる対処法を試してみたところ、一発で問題が解決したので、問題点を見つけ出し、対応策を考えだしてくれた先人に感謝しつつ、以下簡単に紹介します。

  1. /wp-admin/includes/ ディレクトリ内にある class-wp-upgrader.php というファイルをダウンロードして、テキストエディタで開く。
  2. (たぶん)697 行目にある次の記述を見つける(テキストエディタで検索すればすぐに見つかります)。
    if ( !$wp_filesystem->copy($working_dir . ‘/wordpress/wp-admin/includes/update-core.php’, $wp_dir . ‘wp-admin/includes/update-core.php’, true) ) {
  3. 行内の “/wordpress/” というディレクトリ名(赤字の部分)を “/wordpress-mu/” に変更する。
  4. 保存したファイルをアップロードして置き換える。
  5. ダッシュボードで自動アップグレードボタンをクリック。

上記の修正を行わず、いわゆるマニュアル・アップグレード(新バージョンのファイルを全てアップロードした上での更新作業)を行えば問題なく対応できるそうですが、2.7 以降の WordPress (含 MU) の良さのひとつは自動アップグレードなわけですから、ファイル1つをちょっと修正するだけでなんとななったのはありがたかったです。

Google で調べてみても日本語の情報はまだほとんど見られなかったので、こちらで紹介させてもらいました。何かの役に立てば幸いです。

One thought on “WordPress MU 2.8.1 から 2.8.4a へのアップグレード(トラブル&対処編)”

  1. ピンバック: Powershift

Comments are closed.