カスタマイズ

物欲の多い僕ですが、そうかといって欲しいものをすべて買うわけにはいかず、新製品を紹介するネットの記事などを見ては日々悶々としております。ただ悶々というわけにもいかないので、今手元にあるものを少しでも快適に使おうと考えるわけです。

例えば愛用のスマートフォン(ウィルコムの Advanced/W-ZERO3 [es])。この ad es は購入してそろそろ2年が経とうとしていますが、最近になっていろいろいじっています。ひとつは PHS 回線と無線 LAN を両方使ったアクセスポイント化。詳細は省きますが、ノート PC と ad es を無線でつなぎ、PC を PHS 回線経由でネットにつなげるようにしました。普段は使いませんが、出張時などにケーブルなしで PC をネット接続できるのはとても便利です。

無線つながりということで、つい最近 ad es 用のブルーレイアダプタを買いました。あれこれ設定をして、自宅と研究室のデスクトップとケーブルなしでデータの同期ができるようになりました。僕の ad es の一番の用途がスケジュール管理で、これがないと会議の予定やら学生とのアポイントやらが全然わかんなくなってしまうんですが、大切なスケジュールのバックアップや複数 PC での同期をケーブルレスでできるというのはとても気持ちが良いです。

もう1つはウェブブラウザ。ad es には標準で Opera と InternetExplorer が入っていますが、どちらもあまり好きではありません。動作は軽くないし、表示もあまり美しくなく、使えないサイトなんかもあったりでいまいちだったんです。最近になって新たに導入したのが NetFront 3.5。ザウルス時代に使っていたブラウザですが、これがなかなか使い勝手がいいです。何より表示が美しく、PC で見ているのとほとんど差を感じないです。スクロールなどの動作もサクサクで、これはなかなかヒットです。

さて、例によってなんともわけのわからない日記を書きました。今はひとり明かりの消えたリビングのソファで膝の上にノート PC を乗せて書いています。テレビにつないだ2台のハードディスクレコーダーを ilink ケーブルで接続して、ハイビジョンで録画した映画を転送しています。ひとつはアイ・オーの Rec-POT。500GB のハードディスクを積んでいますが、ブルーレイや DVD 等のリムーバブル・メディアがないため、録って見るだけの機械です。もう1台はパナソニックの Diga。こちらは 500GB の HDD に加えてブルーレイのドライブが付いています。今は容量のいっぱいになった Rec-POT から Diga の方に映画を移しているところで、ついでにその映画を見ているわけです。コピーワンスの関係で単純にコピーすることができないのが面倒ですが、これで最終的には Rec-POT の中の映画をブルーレイに移すことも可能になります。ずっと前に録ったスターウォーズも近いうちにブルーレイにしようと思います。

さて、ほんとにとりとめがなかったですね。失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です