研究室 PC を Windows から MacOS にしてみて

研究室の iMac は、過去2年間ほぼずっと Windows (Vista) マシンとして機能してきましたが、ここしばらくはずっと MacOS (Snow Leopard) で使用しています。新学期も始まり、授業準備等で MacOS を初めて使ってみての感想です。

授業関係で使うアプリケーションは、Microsoft Office (プリント類は Word、成績管理に Excel、座席表等たまに PowerPoint)がメインで、あとの作業はほとんどウェブブラウザ上で完結します。ブラウザの方は Windows でも Mac でも FireFox を使っているのでほとんど違和感なく使えています。Office は Windows は 2007、Mac は 2008 とそれぞれ最新のモノを使っていますが、メニューその他の配置が全然違うのでまだ作業に手間取ります。ただ、文書のレイアウト等の乱れはほとんどないので、これまでに Windows で作成したプリント類を Mac で修正して印刷といったこともほとんど問題なくできますね。メインでないフォントを使っている場合にはちょっと気をつけないといけませんが。

Mac を使っていてちょっと不便に感じたことが3つほど。ひとつは、Windows の方で差し込み印刷に使った Word 文書が Mac の Office 2008 で開けないこと。開けないというよりクラッシュしてしまいます。マックの方でも差し込み印刷はできるんだとは思いますが、これまでに作ったものを使えないのがザンネン。毎年この時期は学生に Moodle や WordPress の ID を発行したりするので、差し込み印刷を結構使うんですよね。

ふたつ目は Excel が重いこと。履修許可者選抜に Excel を使っていましたが、ファイルを開いたり編集したりするのに Windows のときよりかなり時間がかかります。これは Office 2008 の問題かな。

もうひとつは、これまで使っていた同報メール送信ソフトが使えないこと。発行した ID 等の情報をを、差し込み印刷を使わずにメールで学生に送っちゃうことがあるんですが、今年はそのために Windows でブートし直しました。Mac 用にもきっと似たソフトがあると思うのでそのうち探します。

現在は iMac に BootCamp で Windows 7 を入れて使っていますが、MacOS をメインにするなら VMWare Fusion のような仮想化ソフトを入れて、普段は MacOS で必要なときだけちょっと Windows に切り替える方が便利かもしれません。

もっとも、うちの学部では学生全員にノート PC を購入してもらって Windows の利用をプロモートしている部分もあるので、あんまり MacOS ばかり使うってのもどうかな。