Kindle Voyage で(英語の)音声読み上げ機能を使う

米アマゾンが音声アダプター付きの Kindle Paperwhite を発表し、僕の持っている Kindle Voyage も今後読み上げ機能に対応するというアナウンスを見たばかりですが、今朝になって Twitter 経由でこんな記事を読みました。

How to Make Your Own Kindle Audio Adapter for Under $2

要は micro USB から普通の USB(メス)に変換するアダプターと、USB のオーディオカード(っていうのかな?いわゆる USB DAC)があればすぐにも読み上げ機能が使えますよっていうことです。ひととおりの材料はそろっていそうだということで早速試した次第。

ハイレゾ音源再生用の DAC もありましたが、そもそも普段使っている USB スピーカーと USB 変換アダプターがあればそれだけで十分でした。まずは Kindle Voyage にアダプター経由でスピーカーを接続すると、「音声ファイルが見つまりません」という警告とともにでヘルプページを参照するようにとの指示が出ます(下の写真はハイレゾ用の DAC をかました状態)。

Use a Kindle Audio Adapter with Kindle Paperwhite (7th Generation)

ページタイトルにあるように本来は第7世代 Kindle Paperwhite 用の説明ですが、Voyage でも問題ありませんでした。パソコンのブラウザでこのページに行って、Audio file for Kindle Paperwhite (7th Generation) というファイルをダウンロードし、USBケーブル経由で Voyage に転送します。その後 Voyage の電源ボタンを20秒程度長押しして再起動をかけます。転送した音声ファイルは再起動とともに自動的にインストールされます。

再起動後、今度は言語設定をUSかUKに変更するよう指示されるので、「設定」>>「端末オブション」と進んで言語をUS(もしくはUK)に変更します。ここで再び再起動。

作業はこれでおしまいです。視覚障害者向けの機能なので、本文だけでなくメニュー等もすべて読み上げられ、操作をするには一度当該箇所をタップしたあと、音声の指示にしたがってダブルタップで確定する必要があります。

英語書籍で読みたいページを開いたら、2本指でスワイプすると自動読み上げが始まります。ページ送りも自動です。動作の様子はこんな感じ。

まだしっかりとは使っていませんが、取り急ぎ動作するまでの手順をまとめました。

懐中時計用の革ケース購入

もう8年も前になりますが、とても古い懐中時計を入手しました。Illinois Watch Company の結構大振りなもので、今も正確に時を刻んでくれます。

Untitled Untitled

直径55mmもあるこのハンターケースは手にしてもずっしり重く、ズボンのポケットにちょっと忍ばせてという雰囲気ではありません。3ピースのスーツを着るときぐらいしか出番がなかったわけですが、アンティークとはいえこういうものは使ってなんぼと考えているので、何かいい方法はないかなと考えたわけです。

選択肢のひとつに、ズボンのベルトに通して使うタイプのケースがありました。ネットで検索したところそれほど見当たらず、その中でもこちらのケースが気になったので注文してみました。受注生産とのことで、注文してから到着するまで半月ほどかかりましたが、早速お披露目。(内側に若干シミがありますが気にしない。)

Untitled Untitled

写真ではわかりませんが、これかなり大きいです(実測で73mm x 90mmほど)。ただ、55mmのハンターケースを収納するにはこれでぴったり。

Untitled Untitled

裏側のベルト通し部分はこんな感じ。しっかり縫い付けられているので安心です。

Untitled

時計を傷つけないためにも、金具を使っていないケースを探していました。ちょっぴりゴツイ気もしますが、使い込むうちに革も馴染んでくることを期待しましょう。

というわけでこれから少し懐中時計の出番が増えるかもしれません。

携帯できるタブレット用スタンド

先ほど Twitter で続けてつぶやきましたが、せっかくなのでブログにまとめることにしました。

先日の SappoRo.R #2 で、iPad(第3世代)と pocket wifi を使って Ustream 中継をはじめてやってみました(オンデマンドで視聴できます)。それほどの手間もかからず案外簡単にできたのですが、僕は iPad 用のスタンドを持っていませんでした。カメラを正面より少し上に向けなければならないため、スマートカバー(a.k.a. 風呂蓋)を逆巻きにして使ったところ(下の写真参照)、途中でバランスが崩れて iPad が転落する事故が発生しました(苦笑)。

近いうちにまた Ustream 中継をやってみたいなと思っていることもあり、携帯できるサイズの手頃なスタンドがほしいなとネットで探してみました。そこでみつけたのが、Portable Tablet PC Stand というそのまんまなネーミングの商品。1,400円*とそれほど高価でもないので早速注文しました。

届いたものを開封し、iPad mini と第3世代 iPad (僕は重Padと呼んでます)を乗せてみました。角度調節もできますし、見た目のバランスも悪くありません。Ustream 中継するには表裏を逆にして置くことになりますが、カメラ位置が塞がれることもありません。

折り畳めばとてもコンパクトで、長さも iPad mini の長辺より短く、とても軽いので専用のポーチに入れて持ち運ぶのも苦になりません。

普段は風呂蓋をスタンドにして使っているので出番はありませんが、Ustream 中継の時だけでなく、BT キーボードを使う際に iPad の角度調節をしたいときなどにも使えそうです。

*Amazon.co.jp では、販売元の WY Styleショップ の参考価格が2,980円となっているのでお得感がありますが、Amazon.com では定価が $17.95 となっているので(しかも今日現在の販売価格は $8.11)、あくまで「参考価格」と思っていただければと。1,400円で買えたのでボッタクリ感はありませんでしたが。