moBlog から投稿

X02T に moBlog というソフトをインストールしてみました。設定に戸惑いましたが、とりあえず使えるようになったかな。

(以下PCで追記)

ソフトのダウンロードは http://sampath.wordpress.com/moblog/ から。Windows Mobile 6.5 でも問題なく起動しました。ヘルプページ(英語)を見ながら自分の WordPress ブログ向けの設定をしました。新規 Profile 作成画面で、Provider のところを WordPress にして、Blog Login (page) URL に http://ブログのアドレス/wp-login.php と設定する必要があります(ヘルプを見ずに設定しようとして最初ここで躓きました)。

うまく設定できれば、新規投稿やすでに投稿されたものの編集もできます。またカテゴリーの設定やタグを付けることもできました。タグについては直接打ち込む方式(複数のタグは半角カンマで区切る)で行けますが、ブラウザからの通常入力画面では、Choose from the most used tags という画面からすでに使われたタグを選択することができるのですが、moBlog ではそうはいかないのがちょっと残念なところ。カテゴリーの方は既存のものを選択できるんですが。

また、本文入力では簡単な文字装飾や画像の追加もできるようですが、まだ試していません。

ウェブブラウザから直接入力することもなんとか可能ではありますが、専用のアプリの方がやはり使い勝手がいいですね。

WordPress を 2.9 にアップグレード

(ほんとはこれ以前に 2.8.6 にアップグレードしてありましたが、ここにメモするのを忘れてました。)

例によってダッシュボードにお知らせが出ていたので、いつもどおり自動アップグレードをしました。Export 機能を使って全投稿のバックアップを取り(もっともバックアップはプラグインを使って定期的に行っていますが)、Upgrade ボタンをクリックするだけ。あっという間の出来事でした。

今回のバージョンアップでは、特に目立った変更はないように思います。どうやらメディアの埋め込みなどの機能がいろいろ新しくなったようなので、そのうし試してみようと思います。

ところで、WordPress 2.9 から、MySQL データベースの対応バージョンが 4.0.X から 4.1.2 に変更になったそうで、さくらやロリポップなどの国内のホスティングを使っている場合には MySQL 5.0 へのアップグレードが必要になるようです。僕のところはもともと 5.0 を使っているので今回は対応が必要ありませんでしたが、別で管理しているサイトがロリポップを使っているので、時間のあるときにでも手続きをしないといけません。

WordPress MU を 2.8.5.2 にアップグレード

授業ブログとして使っている WordPress MU のダッシュボードに、「更新してね!」ボタンがここしばらく出ていたので、ちょっと時間ができた今アップグレードしました。現在動かしている授業5つ分のブログのバックアップを取って(といっても、アップロードしたファイルはすべてローカルにデータがあるので、標準の Export 機能を使って全部の投稿を XML ファイルに書き出しているだけです)、その後 “Upgrade Automatically” ボタンをクリック。更新作業はすぐに終わり、その後表示される “Upgrade Site” をクリックして全部のブログを一斉に更新します。

バックアップも含めて作業時間は5分程度。やはり自動アップグレードができるというのは本当に便利です。新バージョンが出る度に FTP を使って更新していたころと比べると気軽ですね。

(17:00 追記)

アップグレード直後の状態では、My Link Order というプラグインがきちんと動いていないことに気づきました。ダッシュボードから Plugins >> My Link Order と行ってみたら、”File /(パス)/wp-includes/taxonomy.php has been patched successfully.” と表示され、その後は問題なく動いています。

PHP を使って最近の投稿を表示

このサイトのトップページにブログ(ひとりごと)の最近の投稿を自動的に表示するようにしてみました。前からやろうと思っていましたが、あれこれ調べた結果 SimplePie という PHP のライブラリを使うことで簡単に実装できることが判明。

こちらのページを参考にさせていただき、大きなトラブルもなく設置できました。現在はトップページに最近の投稿3件のタイトルと投稿日を表示させ、タイトルをクリックすると直接その投稿が表示されるようにしてあります。日付については、現在のところ日本時間ではない(たぶんサーバの置いてあるアメリカの時刻が基準になっている)のですが、設定変更の仕方がわからなかったのでとりあえずこのままにしておきます。CSS を少々いじって見た目の調整をして完成です。

最終的には、それぞれの授業用ブログから最近の投稿を引っ張ってくることで、トップページにもう少し多くの情報を集約することが目的です。

なお、.html というファイル名で PHP を動かす方法については、こちらの投稿をご参照あれ。

WordPress を 2.8.5 にアップグレード

ダッシュボードに「新バージョンが出ました」と表示されたので、例によって自動アプグレード。念のためすべての投稿をバックアップして、あとは自動アップグレードボタンを押すだけ。何の問題もなく完了。簡単。

授業で使っている他2つの WordPress も同様にアップグレード完了。その他の授業用にまとめて使っている WordPress MU は最近新しいバージョンが出ていないので 2.8.4a のまま。

WordPress MU 2.8.1 から 2.8.4a へのアップグレード(トラブル&対処編)

先日 WordPress を 2.8.4 にバージョンアップをしましたが、授業ブログで使っている WordPress MU (multi-user; μ) の方も 2.8.1 から最新の 2.8.4a へのアップを試みました。ところがボタン1つをクリックするだけが売りの自動アップグレードがうまくいきません。具体的には、アップグレード作業の途中で何かのファイルがコピーできなかったといったエラーメッセージが出てしまいました。

WP MU 公式サイトのフォーラムを確認したところ、どうやら原因は 2.8.1 に含まれるファイルの記述ミスのようです(実際の議論はこちらの英語ページをご覧ください;あわせて同内容のこちらの開発者ブログも紹介します)。フォーラム内に出てくる対処法を試してみたところ、一発で問題が解決したので、問題点を見つけ出し、対応策を考えだしてくれた先人に感謝しつつ、以下簡単に紹介します。

  1. /wp-admin/includes/ ディレクトリ内にある class-wp-upgrader.php というファイルをダウンロードして、テキストエディタで開く。
  2. (たぶん)697 行目にある次の記述を見つける(テキストエディタで検索すればすぐに見つかります)。
    if ( !$wp_filesystem->copy($working_dir . ‘/wordpress/wp-admin/includes/update-core.php’, $wp_dir . ‘wp-admin/includes/update-core.php’, true) ) {
  3. 行内の “/wordpress/” というディレクトリ名(赤字の部分)を “/wordpress-mu/” に変更する。
  4. 保存したファイルをアップロードして置き換える。
  5. ダッシュボードで自動アップグレードボタンをクリック。

上記の修正を行わず、いわゆるマニュアル・アップグレード(新バージョンのファイルを全てアップロードした上での更新作業)を行えば問題なく対応できるそうですが、2.7 以降の WordPress (含 MU) の良さのひとつは自動アップグレードなわけですから、ファイル1つをちょっと修正するだけでなんとななったのはありがたかったです。

Google で調べてみても日本語の情報はまだほとんど見られなかったので、こちらで紹介させてもらいました。何かの役に立てば幸いです。

WordPress を 2.8.4 にアップ

新しいバージョンが出たので例によってボタン一つで更新しました。ここに書くのを忘れましたが、この間に一度 2.8.3 にアップグレードもしてました。

念のためデータのバックアップを取った後で、ボタンひとつクリックするだけなので楽ちん。それにしても最近マイナーバージョンアップが盛んですね。

WordPress を 2.8.2. に更新

つ1週間前に 2.8.2. にバージョンアップしたばかりの WordPress ですが、さらに 2.8.2. が出たので昨日更新しました。データのバックアップを取り、プラグインを一旦停止して、Upgrade ボタンを押すだけ。特に問題なくバージョンアップができたようです。

WordPress MU も 2.8.2. が出ているので、こちらも近いうちに更新しようと思います。

Similar posts 設定変更

過去の投稿から似た内容のものを自動的にリストアップしてくれる Similar Posts というプラグインですが、これまで使っていた設定だと投稿にタグを付けるようになって(2008年12月)以降のものばかりがヒットしていたので、重みづけを変えてみました。

  • 旧:content: 70%, title: 20%, tags: 10%
  • 新:content: 74%, title: 20%, tags: 6%

これだと古い投稿も出てきます。まぁ中身が本当に関連しているかは別問題ですが...